しのBlog

HOME > しのBlog >  甚大な被害をもたらした台風と地震。現実的な防災を考える

甚大な被害をもたらした台風と地震。現実的な防災を考える


おはようございます。ミナベシノブです。

関西地方の台風被害に続いて、今度は北海道での大地震。1日も早く全世帯のライフラインが復旧することを願うばかりです。

今日は防災について書きたいと思います。

我が家では、キッチンボードの一番下の引き出しを食料庫としています。非常時に備えて、食べ物は少し多めにストックするようにしています。入っているものは鯖やサンマの缶詰、スパゲティや素麺や蕎麦といった乾麺、粉類、魚肉ソーセージ、調味料など。ただ、大地震を経験された方からすると、災害用の備蓄品は引き出しの中よりバッグに入れておいたほうがいいそう。引き出しだと、激しく揺れたときに棚から抜けて、中身が散らばってしまうみたいです。

災害はどこにいても起こりうること。正しい対策方法を今一度考えていきたいですね。

お読みいただきありがとうございました。

   VIVIBOND 三鍋 忍 (代表/WEBディレクター) twitter

2005年よりフリーランスでWEB制作業をスタート。
丁寧なヒアリングと確かなプランニングで、エンドユーザーを意識したwebサイトの制作をモットーとする。

【対応領域】
WEBサイト(ホームページ)のプランニング、ディレクション、デザイン、コーディング(XHTML/CSS)WordPressサイト構築、ネットショッピングサイト構築、ブログ構築、IT顧問、パソコン教室運営

【経歴】
2005年
趣味が高じてフリーランスWEBデザイナーに転身。

2010年
男児を出産。生後6か月で仕事復帰。
理想のワークライフバランスの実現を目指して、育児と仕事に日々奮闘。

2016年
企業のIT顧問サービスをスタート。 実務向けパソコンスクール「FLEX web」をスタート。

2017年
子どもが通う学校の長期休業に合わせた働き方を試験実施。

2017年
子どもが通う学校の長期休業に合わせた働き方を試験実施。

2018年
神奈川県川崎市で障がい福祉事業所を展開する株式会社アイムと外部デザイナー契約を締結
アートディレクションで障害福祉のイメージチェンジを目指す

2020年
GIGAスクール構想(文部科学省が提唱したICT教育の改革案)向けWebコンテンツ制作にデザイナー兼コーディングディレクターとして従事
( IT機器全般のサプライチェーンを行う外資系商社)

カーエレクトロニクスや医療機器・産業機器等向け電子部品製造を行う企業のWebサイトリニューアルプロジェクトにディレクターとして従事
(電子部品製造・ソリューションを提供する外資系企業)

【参加団体】
Chigasaki-Guild.NET

◆三鍋忍へのお仕事のご依頼は、当ホームページのお問い合わせページからどうぞ!

PAGE TOP