conceptVIVIBONDの考え方

突然ですが、あるところに歯が痛くて困っている人がいたとします。

その人はインターネットで歯医者さんを検索し、一番近い歯医者さんのホームページを見つけました。
クリックしてページを見てみると、一番知りたい診察時間や正確な場所が書いてあるページになかなか辿り着くことができません。その割に院長の趣味のページはやたらと充実しています。
「歯が痛い」という緊急時なので、その人は即座にそのホームページを閉じて別の歯科医院を探し始めました。当然、必要な情報がすぐに手に入るホームページを求めて、です。

せっかくホームページを開設したのに、画面構成が整理されていなかったり、掲載情報の内容が目的と合っていなければ、訪れてくれた閲覧ユーザーをそそくさと帰してしまう上、そのホームページには二度と訪れてくれなくなってしまうかもしれません。
歯科医院のホームページである以上、院長の趣味のページを充実させるよりも、診察時間や診察内容、所在地、問い合わせ方法、地図などを充実させて閲覧ユーザーがスムーズに知りたい情報を得られる構成にする必要があります。

ヴィヴィボンドのホームページ制作では目的に合ったホームページを作るために、
まずはじめに「誰に」「何を伝えて」「何を得たいのか」を明確にしていきます。

この歯科医院のホームページの場合だと、
「誰に」は、「お口の中で困ったことがある患者さん」
「何を伝えて」は、「歯科医院が行っている診療の種類や所在地、診療時間や救急対応などの情報」
「何を得たいのか」は、「患者さんに安心して来院してもらいたい」
となりますでしょうか。

「誰に」「何を伝えて」「何を得たいのか」が明確になったら、
そこから逆算して内容を考えていくことでより的確な内容のホームページが出来上がるのです。

目的にマッチしたホームページを作るための3つのポイント

1
丁寧なヒアリング

まずはお客様の話にじっくりと耳を傾けること。
これ無しには目的に合ったホームページは成しえません。
じっくりとお話しを伺いながらお客様がホームページに求める「目的」を明確にしていきます。
また、ホームページについてよくわからない方でもご安心いただけるように、専門用語は出来るだけ使わずに、別の言葉に置き換えるなど”解かり易く”お話させていただいております。

2
的確なホームページ戦略のご提案

ヒアリングで明確になった「目的」をホームページで達成するにはどういった戦略がベストなのかを念頭に、ホームページの構成とデザインをご提案いたします。
その他のサービスも併用した方が効果的だ、と判断できる場合は、他のサービスも併せてご提案いたします。

3
ホームページ公開後の運営アドバイス

「ホームページは公開したらそれでOK!」な時代は終わり、定期的な更新が欠かせなくなってきました。
例えばニュース欄の一番上に掲載されている記事が一年前のものだと、閲覧ユーザーは不信感を抱いてしまいます。
小さな事ですが、これが企業全体の信頼度低下に繋がります。
これでは本末転倒です。

せっかく作ったホームページを無駄なく有効に活用していただくために、ヴィヴィボンドでは各ホームページに合った運営のアドバイスをさせていただいております。

PCSP

PAGE TOP