しのBlog

HOME > しのBlog >  Launcher with Notification Center widgetsでショートメールを爆速で送信する

Launcher with Notification Center widgetsでショートメールを爆速で送信する


おはようございます。ミナベシノブです。

前回のしのblogで「Launcher with Notification Center widgets (iOS12でうまく動かないパターンの話です)」という記事を書きました。

あれから朝活の時間にいろいろと試してみているのですが、今の所良いお知らせはできないような状況です。 ごめんなさい。ひとまず、現段階(2019年2月20日時点)でのiOS12におけるURLスキームについてわかったことを書かせていただきます。

  • スキーム以下の文字列は無視されてしまう(iOS11でもそうだったらしい)
  •  起動できるのは設定アプリ(prefs:root)まで
  • そもそも、prefs:rootという書き方が公式(最新)じゃないかも?

3つめの「そもそも、prefs:rootという書き方が公式(最新)じゃないかも?」ですが、これがちょっと調べただけではなかなかドンピシャなページに辿り着けなくてですね。というか、外国語で書かれたiOSアプリ開発関連のサイトのハードルが私には高い!厳しい!ということで、一旦ここは切り上げて別のことをやってみることにしました。

ショートメールを爆速で送信するランチャー(ショートカット)を作ってみる

例えば、出先から夫に車でお迎えをお願いするとき、我が家の場合だとスマホのショートメールを使って連絡をするのですが、下記の4ステップが必要です。

ショートメール送信(通常4ステップ)

1.「メッセージ」のアイコンをタップしてアプリを起動する
2.夫とのメッセージを探してタップ
3.メッセージを入力する
4.送信ボタンをタップ

たかが4ステップ、されど4ステップということで、2ステップに短縮して爆速化してみます。

ショートメール送信(爆速2ステップ)

1.ショートメール用に作ったランチャーのアイコンをタップ
2.送信ボタンをタップ

探す手間もメッセージの入力の手間も無しで、あっという間にお迎えコールの完了です!

ということで、ショートメールを爆速で送信するランチャーの作り方は下記の通りです。

1.Launcher with Notification Center widgetsをインストール
2.新規追加から「アプリランチャー」を選択
3.一覧から「メッセージ」を選択し、「定型文メッセージを送信」を選択
4.宛先を選択し、定型文を入力したら保存(アイコンは自動で作成されます)
5.保存したランチャーのアイコンをウィジット画面に表示させる

Launcher with Notification Center widgetsでは、いろいろなランチャーを作れるようなので、スマホの時短化に向けて便利に使っていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

   VIVIBOND 三鍋 忍 (代表/WEBディレクター)

2005年よりフリーランスでWEB制作業をスタート。
丁寧なヒアリングと確かなプランニングで、エンドユーザーを意識したwebサイトの制作をモットーとする。

【対応領域】
WEBサイト(ホームページ)のプランニング、ディレクション、デザイン、コーディング(XHTML/CSS)WordPressサイト構築、ネットショッピングサイト構築、ブログ構築、IT顧問、パソコン教室運営

【経歴】
2005年
趣味が高じてフリーランスWEBデザイナーに転身。

2010年
男児を出産。生後6か月で仕事復帰。
理想のワークライフバランスの実現を目指して、育児と仕事に日々奮闘。

2016年
企業のIT顧問サービスをスタート。 実務向けパソコンスクール「FLEX web」をスタート。

2017年
子どもが通う学校の長期休業に合わせた働き方を試験実施。

【参加団体】
Chigasaki-Guild.NET

◆三鍋忍へのお仕事のご依頼は、当ホームページのお問い合わせページからどうぞ!

PAGE TOP