しのBlog

HOME > しのBlog >  スイミーというお話(レオ・レオニ作 谷川俊太郎 翻訳) | 小2息子の国語の教科書

スイミーというお話(レオ・レオニ作 谷川俊太郎 翻訳) | 小2息子の国語の教科書


おはようございます。ミナベシノブです。

息子の国語の教科書に「スイミー」というお話が載っています。

このお話はアメリカの絵本作家レオ・レオニさんの作品で翻訳を谷川俊太郎さんがされています。私は谷川俊太郎さんについてお恥ずかしいながらお名前だけは知っていましたが、作品にはほとんど触れたことがなくて、どちらかといえば朗読会で有名な人なんだろうなというような認識でいました。で、今回息子の国語の教科書に谷川俊太郎さんのお名前を発見したので、これはよい機会が訪れたぞと思って読んでみました。読み終わって脳裏に残像が残ったことに感動を覚えました。文章でこんなにも美しく色彩を表現できるのかと。ここぞというところでの体言止めも効果的で心情もしっかり伝わってきたし、専門家ではないからよくわからないけど、短いお話の中にセンスとテクニックが見事に詰まっているような気がしました。今自分が書いている文章が稚拙に思えて恥ずかしくなりますね!

レオ・レオニさんの「スイミー」は谷川俊太郎節が加わって、日本人により親しみやすいお話になっているのではないかなと思います。今年の息子の夏休みは図書館通いを目標に入れているので、息子と一緒に谷川俊太郎さんの作品を探してみたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました!

   VIVIBOND 三鍋 忍 (代表/WEBディレクター)

2005年よりフリーランスでWEB制作業をスタート。
丁寧なヒアリングと確かなプランニングで、エンドユーザーを意識したwebサイトの制作をモットーとする。

【対応領域】
WEBサイト(ホームページ)のプランニング、ディレクション、デザイン、コーディング(XHTML/CSS)WordPressサイト構築、ネットショッピングサイト構築、ブログ構築、IT顧問、パソコン教室運営

【経歴】
2005年
趣味が高じてフリーランスWEBデザイナーに転身。

2010年
男児を出産。生後6か月で仕事復帰。
理想のワークライフバランスの実現を目指して、育児と仕事に日々奮闘。

2016年
企業のIT顧問サービスをスタート。 実務向けパソコンスクール「FLEX web」をスタート。

2017年
子どもが通う学校の長期休業に合わせた働き方を試験実施。

【参加団体】
Chigasaki-Guild.NET

◆三鍋忍へのお仕事のご依頼は、当ホームページのお問い合わせページからどうぞ!

PAGE TOP