しのBlog

HOME > しのBlog >  子供は承認要求の塊。見守りつつちょっと声掛けしてみる理由|大人が子供にしてあげられることを考える

子供は承認要求の塊。見守りつつちょっと声掛けしてみる理由|大人が子供にしてあげられることを考える


おはようございます。
ミナベシノブです。

我が家の息子は小学校に通っていまして、放課後になるとよくお友達が遊びにきてくれます。
私は仕事をしつつ遠目で子供たちが遊んでいるのを見守るようにしているのですが、合間をみて息子のお友達に「今日給食で何が出たの?」とか「運動会の練習が始まったみたいだね」というようなたわいのない声掛けをするようにしています。こちらがさりげなく声を掛けるとそこから会話のキャッチボールが始まります。私はこのちょとした触れ合いを大切にしています。私が小学生だった頃、友達の家へ遊びにいったときにそこのお家の人に声を掛けてもらえるのがちょと嬉しかったという記憶があります。今思うと気に掛けてもらえたこと、存在を認めてもらえたことが嬉しかったのかなと思います。承認欲求というやつですね。子育中なのでよくわかるのですが子供は承認欲求の塊です。ママ見て!パパ見て!と超絶しつこく言うのは、自分の存在を認めてもらいたいからなのです。で、うちに遊びにきてくれる子に対しても「私はあなたのことをちゃんと認めているよ」というのが伝わりやすいように、ちょっとだけ声掛けをしているのです。

お読みいただき、ありがとうございました!

   VIVIBOND 三鍋 忍 (代表/WEBディレクター)

2005年よりフリーランスでWEB制作業をスタート。
丁寧なヒアリングと確かなプランニングで、エンドユーザーを意識したwebサイトの制作をモットーとする。

【対応領域】
WEBサイト(ホームページ)のプランニング、ディレクション、デザイン、コーディング(XHTML/CSS)WordPressサイト構築、ネットショッピングサイト構築、ブログ構築、IT顧問、パソコン教室運営

【経歴】
2005年
趣味が高じてフリーランスWEBデザイナーに転身。

2010年
男児を出産。生後6か月で仕事復帰。
理想のワークライフバランスの実現を目指して、育児と仕事に日々奮闘。

2016年
企業のIT顧問サービスをスタート。 実務向けパソコンスクール「FLEX web」をスタート。

2017年
子どもが通う学校の長期休業に合わせた働き方を試験実施。

【参加団体】
Chigasaki-Guild.NET

◆三鍋忍へのお仕事のご依頼は、当ホームページのお問い合わせページからどうぞ!

PAGE TOP